〜より直感的な利用体験へ〜 どこでも牛の状態がわかる、牛の飼育をもっと便利にする「Farmnote Colorアプリ」配信開始のお知らせ

酪農・畜産向けIoT(※1)ソリューションを提供する株式会社ファームノート(本社:北海道帯広市 代表取締役 下村瑛史 以下、ファームノート)は、スマートデバイスだけで簡単に繁殖管理を実現するスマートフォンアプリ「Farmnote Color (以下、Colorアプリ)」の配信を開始いたしました。

開発背景

リアルタイムに牛の活動情報を収集し、発情兆候・疾病疑いなど注意すべき牛を生産者のスマートデバイスに通知するセンサー「Farmnote Color」をご利用いただく場合、クラウド牛群管理システム「Farmnote Cloud」をご利用いただく必要がありました。

「Farmnote Cloud」は、管理可能なデータ項目が多岐に渡ることから、シンプルな利用体験を希望する生産者にとっては複雑さを感じる製品であり、国内スマート畜産普及において酪農・畜産経営で重要な繁殖管理に特化したシンプルな機能とITリテラシーを問わないUI(※2)の開発に必要性を感じておりました。今回の「Colorアプリ」配信開始で、すべての酪農・畜産生産者にスマート畜産のメリットを改めてPRし、国内農業の生産性向上と競争力強化に貢献していきたいと考えています。

Colorアプリの特長

03 (1).png

・シンプルな利用体験で、これまでスマート畜産に難しさを感じていた生産者でも利用が可能
・ITリテラシーを問わない、誰でも簡単に操作が可能
・牛個体の情報への必要遷移数が「Farmnote Cloud」の約半分に
・発情発見、授精、妊娠鑑定、乾乳、分娩を直感的な操作で記録
・PC不要、いつでもどこでもスマートデバイス1つで繁殖管理
・牛の発情兆候、疾病疑い、反芻量の変化を通知
・注意牛が一目でわかり、課題が把握可能

Colorアプリ概要

名称/Farmnote Color
価格/無料
互換性/iOS:12.4.8以上、Android:5.0以上
ダウンロード/
iOS:https://apple.co/3oCobVa
Android:https://bit.ly/2La9MBa

Pasted image at 2017_10_03 09_57 PM.png iOS.jpgiOS Android.jpgAndroid

Farmnote Colorで牛の飼養管理をDX(※3)

牛の首に装着したセンサーデバイスがリアルタイムに牛の活動情報を収集。発情兆候・疾病疑い・起立困難状態・分娩兆候(2021年初頭提供予定)を検知し、生産者のスマートデバイスに通知します。牛の繁殖においてセンサー1台で発情から分娩まで管理することができ、DXの推進や省力化、さらなる生産性の改善が期待されます。
・国内登録頭数シェア約11%(※4)、44万頭の保有データを新機能開発や精度向上に活用
・牛の生態や畜産現場を理解した獣医師社員が製品開発を担当
・つなぎ牛舎でも利用が可能
※起立困難状態はColorアプリでは通知対象外となります

Color筐体.pngFarmnoteColor.jpg

    Farmnote Colorセンサー筐体              Farmnote Color装着イメージ

本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社ファームノート
広報:鈴木・神山(かみやま)
TEL:0155-67-6911(平日10-18時)
メール:marketing@farmnote.jp

※1 IoT:Internet of Things の略。ものとつながるインターネット
※2 User Interfaceの略称。ユーザーと製品・サービスの接触面、視覚に触れる全ての情報のこと
※3 Digital Transformationの略。企業がデータとデジタル技術を活用してビジネスモデルの変革、業務プロセス、組織、企業文化を変革し競争上の優位性を確立すること。経済産業省資料より引用
※4 国内登録頭数 390 万頭(令和2年農林水産省・畜産統計より引用)より算出

ファームノート 会社概要

本社:北海道帯広市公園東町1-3-14
東京オフィス:東京都港区白金台2-26-10 グリーンオーク高輪台3階
札幌オフィス:北海道札幌市北区北6条西6-2-24 第2山崎ビル4階
西日本支社:鹿児島県霧島市国分中央3-9-13 2階
代表: 下村 瑛史
設立: 2013年11月28日
URL:https://farmnote.jp/

この記事をシェアする